イベント・セミナー

イベント

191002_第73回理研イブニングセミナー

ゲノム編集技術「Triple CRISPR法」による次世代遺伝学の実現

CRISPR/Cas9をはじめとする「ゲノム編集技術」の登場により、これまで困難だった生物のゲノム配列操作が極めて容易になりました。これにより、基礎的な動物実験から有用生物の開発や医療応用まで、さまざまな分野で革新が起きています。 遺伝子改変マウス個体を作製し遺伝子の機能を調べる従来の遺伝学実験では、マウスの交配が必要になるために、最終的に動物の表現型を観察できるようになるまでに一年以上の時間がかかってしまっていました。 私たちの開発している「次世代遺伝学」の技術を用いると、受精卵あるいはES細胞にゲノム編集を施すことで、交配をすること無く表現型解析に適したゲノム編集マウスを極めて短期間で得ることができるようになりました。 本セミナーでは応用の具体例を示しながら、ゲノム編集を取り巻く様々な話題を解説いたします。

■日時:10月2日(水)17:30~18:30
■会場:健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス「iKAfE (あいかふぇ)」 (神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパル7F)
■講師:隅山健太(生命機能科学研究センター 高速ゲノム変異マウス作製支援ユニット ユニットリーダー)
■お申込み:evening-seminar@riken.jp  担当:神吉
※メール件名「10/2理研イブニングセミナー参加申込」とし、お名前・ご所属・連絡先アドレスをご連絡ください。

シミュレーション系人材育成/横断人材育成関連

191024_心と身体を調べるための脳・自律神経解析

精神状態、ストレス、情動刺激により、どのように脳機能や自律神経機能が反応するのかについて、定量的に評価することは、脳内の情報処理過程を知る上で、さらには、子どもの発達、職場や家庭での社会的ストレスを評価する上で、重要な課題です。セミナーではヒトの情動に関連した脳や自律神経の機能的な状態を、脳波、脳磁図、fMRI、脈波、心電図などを用いて、測定・解析するための方法論および研究成果について、また精神生理学的な基礎的知識についても講義します。

■日時:10月24日(木)13:00〜16:00
■会場:都市活力研究所(大阪市北区大深町3番1号グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階)
■講師:水野(松本) 由子(兵庫県立大学大学院 応用情報科学研究科 教授)
■申込み:kobe-rc-info@riken.jp  担当:神吉

イベント

191106_ 第75回理研イブニングセミナー

夢見る睡眠研究

睡眠は身近な生命現象ですが、分かっていることは決して多くありません。なぜ一生のうちの1/3近い時間を寝て過ごさないといけないのか、寝ている時に脳は何をしているのか、脳の中のどのような仕組みが、睡眠/覚醒を制御しているのか…こういった基本的な事柄が多く未解決のまま現在まで残されています。
私達の研究室では最近、夢を見る睡眠状態と言われるREM睡眠が無くなったマウスを遺伝子組換えで作り出せることを発見しました。そのメカニズムはまだ未解明ですが、睡眠研究の枠に留まらない、脳の基本的な活動メカニズムを理解するヒントが隠されているのではないかと期待しています。本セミナーでは日々の私達の研究がどのように進んでいるのか、そして未来の私達の生活の向上にどうつながると考えられるのか、そんなお話をしたいと思います。

■日時:11月6日(水)17:30~18:30
■会場:健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス「iKAfE (あいかふぇ)」 (神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパル7F)
■発表者:山田 陸裕 氏(生命機能科学研究センター 合成生物学研究チーム 上級研究員)
■お申込み:evening-seminar@riken.jp 担当:神吉
※メール件名「11/6理研イブニングセミナー参加申込」とし、お名前・ご所属・連絡先アドレスをご連絡ください。

シミュレーション系人材育成/横断人材育成関連

191128_超音波の医療〜その基礎と応用

本セミナーでは、超音波装置の基礎的な知識を導入したうえで、実際に研究してきた医療超音波装置の開発例をご紹介します。 
①頭蓋骨透過型脳診断装置 ②整形外科骨折手術支援システム ③大腸手術支援システム ④人工培養骨内のES細胞評価システム ⑤超音波によるベッド上でのヒトの状態計測システム ⑥不妊症診断支援システム  など

■日時:11月28日(木)15:00〜18:00
■会場:健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス「iKAfE (あいかふぇ)」 (神戸市中央区雲井通5-3-1 サンパル7F)
■講師:畑 豊(兵庫県立大学大学院 シミュレーション学研究科 先端医工学研究センター 教授)
■申込み:kobe-rc-info@riken.jp  担当:神吉

シミュレーション系人材育成/横断人材育成関連

191212_MEMSセンサの人体計測応用

人の日常活動を計測するウエアラブルデバイスが身近なものになってきています。 本講義では、人を測るために使用されている加速度センサ、ジャイロなど、おもに物理量を計測するためのセンサについて、基礎技術であるMEMS(Micro Electromechanical Systems)について解説します。また、自立電源として注目されているエナジーハーベスティングについても紹介します。

■日時:12月12日(木)13:00〜16:00
■会場:兵庫県立大学先端医工学研究センター 姫路駅サテライトラボ(姫路市西駅前町73 姫路ターミナルスクエア4F)
■講師:藤田 孝之(兵庫県立大学大学院 工学研究科 電子情報工学専攻 先端医工学研究センター 准教授) 
■申込み:kobe-rc-info@riken.jp  担当:神吉

イベント一覧はこちら