ご挨拶

渡辺恭良      Watanabe Yasuyoshi

健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム
プログラムディレクター

「健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス」は、異分野異業種の人たちが集まり、技術やアイデアを集めて組み合わせ、革新的なヘルスケア産業の創出へとつなげるオープンイノベーションのプラットフォームです。我々は日本第1号のリサーチコンプレックスとして、神戸ポートアイランドにある医療産業都市を拠点に、神戸発の大きなつながりを生み出そうとしています。国内外の大学・研究機関から研究人材が集まり、自治体や企業からも多くの人材が結集し、世界の注目を集めるような「異分野の融合による研究開発」を進めていく所存です。さらには、「事業化」と「人材育成」も一体となって、総合的なイノベーションの基盤を創っていきます。私たちのチャレンジは、まだ始まったばかりです。日本から、巨大なヘルスケア産業を創出したい。そんな想いで、日々リサーチコンプレックスの推進に取り組んでいます。

白木澤佳子    Shirokizawa Yoshiko

科学技術振興機構(JST)
理事

国全体でイノベーション創出が求められる中、JSTは異分野融合による自立的なイノベーションの推進基盤の構築を推進するべく、平成27年度よりリサーチコンプレックス推進プログラムを開始し、最初に正式採択されたのが本拠点です。
「ヘルスケア産業のエコシステムを神戸に創る」というビジョンのもと、地域をあげて活発な議論がなされ、健康科学に立脚したイノベーションを継続的に起こす仕組みの構築が進んでいます。
神戸医療産業都市という地の利を生かし、理化学研究所を中心に参画機関が一体となり、リサーチコンプレックスのトップバッターとして優れた拠点が形成されることを大いに期待しています。