質量分析装置を用いた
バイオマーカー定量・同定の支援

場所:理研神戸事業所(神戸市中央区港島南町 ポートアイランド)

理研CLST生命機能動的イメージング部門では、タンパク質同定からメタボロミクスまで、質量分析装置を用いるさまざまな解析を支援します。

タンパク質の同定

質量分析にてタンパク質の内部配列及び翻訳後修飾を同定します。解析はすべてこちらで行い、同定結果をリストとしてお返しします。結果の評価についてもディスカッションに応じますので質量分析が初めての方でもタンパク質同定解析を行うことができます。また、相互作用分子の同定については、Tandem affinity精製法による技術支援を行います。共同利用ユニットでは、ご依頼者各々のニーズに合わせて対応し、プロテオミクス研究の遂行を支援します。

質量分析装置:nanoESI-イオントラップ型質量分析計
Orbitrap Velos Pro (Thermo Fisher Scientific)

代謝物などの低分子化合物の定量・同定

生体試料(血液や尿など)に含まれる特定の成分の定量(LC-MS/MSによる定量)・同定(精密質量分析)などの解析を支援します。健康関連などのバイオマーカーに加え、新規のバイオマーカーの定量・同定などのご依頼者各々のニーズに合わせて対応し、メタボロミクス研究の遂行をサポートします。また、疲労に関連する6種類の代謝物(クエン酸、イソクエン酸、ピルビン酸、シスアコニット酸、オルニチン、シトルリン)の測定も可能です。

定量分析:
ハイブリッド四重極-オービトラップ質量分析計 Q Exactive (Thermo Fisher Scientific)

このLC-MS/MSシステムは、創薬、メタボロミクス、環境および食品の安全性、臨床研究、法医中毒学における幅広い定性および定量用途に適しています。

精密質量分析:オービトラップ質量分析計 Exactive Plus (Thermo Fisher Scientific)

イオン化法としてESI, APCI, DARTの利用が可能です。化合物の精密質量を厳密に測定することで、化合物の構造決定を支援します。