NMRを用いたタンパク質立体構造解析支援

場所:理研横浜事業所(横浜市鶴見区)

理研CLST構造・合成生物学部門では、生体分子の動的機能状態を再現するための新規試料調製法などの開発や、X線結晶構造解析、NMR、低温電子顕微鏡などの総合パイプラインを効率的に運用し、技術・方法論の先鋭化などを実現することで、創薬・医療などのライフイノベーションの課題解決に貢献する構造解析技術基盤を構築しています。保有するNMRを有効に利活用して、創薬・医療などの研究開発を支援することが可能です。