PET(陽電子放射断層撮影法)によるイメージング研究開発支援

場所:理研神戸事業所(神戸市中央区港島南町 ポートアイランド)

理研ライフサイエンス技術基盤研究センター(CLST)生命機能動的イメージング部門では、生体内の機能分子や薬物分子の動態を、分子イメージング技術を用いて追跡する研究を行っています。分子イメージングは、生きたままの個体を傷つけることなく、全身で分子の挙動や機能を追跡できるため、創薬研究や機能性食品の研究開発、再生医療・遺伝子治療の評価など、幅広い分野での応用研究が可能です。

当部門は、PET(陽電子放射断層撮影)装置、CT(コンピュータ断層撮影)装置、PET/CT装置、を有しています。いずれの装置も実験動物(マウス、ラット、マーモセット、マカクサル)用に合わせた高い空間分解能の装置です。PET画像データは、放射性同位元素(RI)の3次元分布の数値データであり、さまざまな種類の画像を得ることができます。

詳細な技術情報はこちら(http://www.clst.riken.jp/ja/science/tech/pet_imaging/)をご覧ください。

本イメージング技術の共同利用については、個別の共同研究での実施とさせていただきます。また、主に医薬品企業・食品企業・病院・研究機関の研究員などを対象に、PETを中心とした研究および教育を行う「PET科学アカデミー」を開催しています。詳しくは、こちら(http://www2.clst.riken.jp/petacademy/)をご覧ください。