研究開発支援について

共同利用設備構築・利用促進ユニットでは、本リサーチコンプレックス参画機関・団体の方々から意見を集め、中核機関の最先端研究設備を利活用した研究開発支援と事業化支援体制の構築を進めてきました。詳細は、下記の窓口までお問合せください。

ご案内チラシ

概要

世界最高水準の研究成果を出し続けていくためには、日々高度化していく最先端の研究設備・技術を導入し、効率的に研究開発を推進することが必要です。国立研究開発法人 理化学研究所(理研)では、JST委託事業「健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム」において、保有する最先端研究設備を用いた高度な研究技術に基づいた支援を、リサーチコンプレックスに参画する企業・団体が受けられる体制・制度を組織的に整えています。この環境整備によって、効率的な研究開発並びに理研内外での異分野連携研究の促進に繋げるシステムを構築します。

理研では、下記に記載した最先端研究設備を利活用したさまざまな共同研究・受託解析・技術指導などを受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。今後、その他の最先端研究設備・技術についても拡充する予定です。

窓口

ご相談からの流れは以下の通りです。支援に係る費用などは、支援頻度や内容などを考慮した上で、個別のご相談となります。最先端研究設備・技術の効率的な共同利用のため、ご協力宜しくお願いします。

ご相談からの流れ

最先端研究設備