お知らせ

2017.10.2

「理研シンポジウム 超微細画像データを活用した健康科学の新時代(9/29)」に、健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックスの関係者が登壇致しました

理化学研究所(ライフサイエンス技術基盤研究センター、イノベーション推進センター、情報基盤センター、健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム)が主催した、理研シンポジウム 「超微細画像データを活用した健康科学の新時代」が、9月29日(金)に理化学研究所融合連携イノベーション推進棟(IIB)において開催され、RCH関係者が講演致しました。(案内チラシ”超微細し新時代girl”

– 講演 –
「超微細画像による臨床応用」
村川泰裕(理研 RInC)、小林紀郎(理研 ACCC)、久米慧嗣(理研 CLST/RCH新規計測開発チーム)
「疲労科学から健康増進科学へ ~個別健康の最大化を目指して~」
水野敬(理研 RCH健康計測解析チーム・新規計測開発チーム)
– クロージング –
片岡洋佑(理研 CLST/RCH新規計測開発チーム)

お知らせ一覧はこちら