お知らせ

2017.12.22

「2017テクノロジカルオープン・イノベーションネットワーキング KOBE×OSAKA×KYOTO」が12/21に開催されました

当、健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックス(RCH)が主催した、神戸・大阪・京都から生まれたヘルスケア関連シーズなどの紹介とこれら3都市が取り組む地域振興、ライフサイエンス分野でのイノベーション推進について紹介するイベントとして、三井住友銀行 神戸本部ビル3Fにおいて、平成29年12月21日(木)に開催した「2017テクノロジカルオープン・イノベーション&ネットワーキング KOBE×OSAKA×KYOTO」に多くの皆様が参加くださいました。定員150名で受付しましたところ、大幅に上回るお申し込みをいただき、200名ほどの方がご参加。会場は超満員でした。大変ありがとうございました。

関連記事も発信されています。

神戸新聞NEXT(2017/12/21 21:40)
「関西発の健康産業創出を 理研高橋氏ら講演 神戸」

 

 

 

 

 

お知らせ一覧はこちら