お知らせ

2017.08.28

「HANSHIN健康メッセ(8/25-27)」にブース出展致しました

「やってみよう!地域ではぐくむ医と健康」をテーマに地域の皆さまが三世代で集い、地域を取り巻く医療環境や健康・医療、介護に関して能動的に生活に取り入れ行動へ移すことができるような情報を提供することにより、更に豊かな健康社会の実現につなげるイベントとして、昨年に続いて「なるほど医学体験!HANSHIN健康メッセ~遊んで学んで広がる健康の絆~」が大阪・梅田のハービスHALLをメイン会場として、8/25(金)~27(日)に開催され、昨年を上回る1万4千名の来場者で賑わいました。
理化学研究所 健康“生き活き”羅針盤リサーチコンプレックスは、参画機関と協力して、この「HANSHIN健康メッセ」の協賛ブースに出展し、指先で簡単に測れる「疲労度測定」の実施や心の動きを捉える「気分測定」を利用した研究成果に関連した体験、さらには、「抗疲労食レシピ本」を含んだ、“抗疲労”・“癒し”・“快適”製品などに触れていただきました。会期中多数のご興味ある方にお立ち寄りいただき、3日間の会期中、約500名に疲労度測定体験をしていただけました。大変ありがとうございました。

出展および協力参画機関:
理化学研究所健康生き活き羅針盤リサーチコンプレックス推進プログラム、神戸大学(イベント主催)、阪急阪神ホールディングス株式会社(イベント共催)、大阪市立大学、アサヒ飲料株式会社、株式会社カネカ、株式会社Kokorotics、武田コンシューマヘルスケア株式会社、日本予防医薬株式会社、阪急阪神ホールディングス株式会社、株式会社日立システムズ、株式会社疲労科学研究所、株式会社ベネクス、メロディアン株式会社

 

 

 

 

お知らせ一覧はこちら